せせらぎぶんこう便り

広島県廿日市市羅漢峡のレストランせせらぎぶんこうのブログです。せせらぎぶんこうに関する話題や、周辺情報、イベントなど発信いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羅漢峡 古道ワッフル 新パッケージ

 平成22年から販売を始めた、羅漢峡 古道ワッフルはこれまでも

改良を重ねてきました。季節によって、味を変えながら常時3種類

いろいろな味を楽しんでいただけるよう、工夫しています。

 今回は、これまで一袋に付き1種類5枚詰めていましたが

そこを改良し、一袋につき2種類3枚ずつ包装してみました。



 いつもどの店舗でも一番はやくなくなるのは、プレーンのワッフル。

同じ味をいくつも味わうより、ちょっと違うものも楽しんでいただけるよう

人気のプレーンと季節限定のワッフルを組み合わせています。実際ある

店舗で同じ一つの袋に3種類2枚ずつ入れて販売したところ、1種類が

5枚入っているものより、よく売れていました。しかし、これができるのは

生地の色が3種類違うことが条件です。例えば、プレーンと抹茶とココアは

生地の色が全く異なるので、ミックスできます。けれど、古道ワッフルの

プレーンに海人の藻塩を加えた塩味や、ゆずジャムを練り込んだゆず味は

生地の色がプレーンと同じなので、ミックスにすると食べてみないと何味か

わかりません。そこで、今回は種類ごとに個別に包装することで、ミックスに

する事が、可能になりましたU^エ^U

 今回のパッケージにしたことで、もう一つ良かったことがあります。

それは、お菓子を包装している袋を別の袋で包装しているので、中にメッセージ

カードを入れることができること。古道の石畳の様子や、せせらぎぶんこうの地図

・羅漢峡の景観などを紹介するカードを同封しています。羅漢峡 古道ワッフルを

お買い上げいただいた方で羅漢峡を知らない方に知っていただくツールになることを

期待しています。





ただいま広島市本通りにあるひろしま夢ぷらざでは、新パッケージで販売をはじめました。

価格は400円から420円に変わります。原材料費の高騰を反映することになります。

特に小麦粉とバターの価格上昇がきついところです。そのかわり、よりよいものを

正直に作り続けていきます。羅漢峡のおみやげとして、末永くご愛顧いただけると

有り難いです。


 
スポンサーサイト
[ 2014/01/17 19:20 ] 料理・お菓子作りへの思い | TB(-) | CM(0)

食べられるクリスマスリース

 今日はスタッフのSちゃんに、新作クッキーの試作をしてもらいました。

これまでは、胡桃やアーモンドがたっぷりはいった「森のクッキー」だけ

でしたので、絞って丸いリースのような形にしたものや、地元浅原で採れた

ブルーベリーを粉末化したもので、マーブル模様のものなど、あれこれ

作ってみました。

 ブルーベリーの粉末入りのクッキーは、ブルーベリーの紫色がもっと

きれいに発色するようにまだまだ研究の余地あり。もう一つのリース型の

クッキーは、カラフルなアラザンと胡桃で飾り付けすると・・・、

クリスマスのリースのようなクッキーにp(^-^)q



 せっかく手作りするので、遊び心いっぱいのお菓子を作っていきたいなぁ、と

思っています。12月8日の佐北駅伝のゴール地点 さいき文化センター駐車場で

のバザーや12月20日のはつかの市(廿日の市)などで販売したいなと考え中。

甘さ控えめのさくさくサブレ生地です。後引くおいしさで、あっという間に

なくなっちゃいました。
[ 2013/11/26 18:14 ] 料理・お菓子作りへの思い | TB(-) | CM(0)

リピーター増加中 森のクッキー

 せせらぎぶんこうでは、約3年前からお菓子づくりをはじめました。

最初にチャレンジしたのは、地元に残る400年前の津和野古道の

お土産にと考えた「羅漢峡 古道ワッフル」。この開発販売までの

道のりは飲食業一筋の私たちにとって、いばらの・・・いえいえ

勉強・試行錯誤の連続でした。たくさんの方に支援いただき、販売

にこぎつけた後は、地域のイベントで販売する機会を増やしてきました。

 初めは「羅漢峡 古道ワッフル」だけを販売していましたが、

少しずつ商品を増やしていきました。今では、10品目ほどになりました。

その中でも、一度食べた方がまた買ってくださるものに「森のクッキー」

があります。このクッキーは、スタッフのSちゃんの手作り。丁寧に

生地をこねて、マイ へらを使って器用に丸や四角の棒を作ります。

一度食べた男の子が、イベント中何度も来てくれて、結局6袋も

買ってくれたこともありました。おいしさにヒミツは、生地に木の実を

たっぷり使っていること。白い生地にはくるみとアーモンドの粉が、

茶色い生地にはアーモンドの粉とスライスしたアーモンドがたくさん

入っています。小さいけれど、おいしさがギュッと詰まっているんです。

 

 14日月曜日に佐伯総合スポーツ公園で行われるイベントでも販売します。



もちろん、せせらぎぶんこうには常時ありますので、一度お試しあれf(^_^)

[ 2013/10/12 18:37 ] 料理・お菓子作りへの思い | TB(-) | CM(0)

こだわり いろいろ

 今中2の息子がまだ1才だったころ、クリスマスツリーの横の赤いワンピースの

くまさんがお気に入りでした。毎日のように、足下の赤いボタンを押して遊んでい

ました。ボタンを押すと、メロディーが流れ英語で「サンタクロースがやってくる」

???を歌い、それにあわせて腕と足(腰)を動かして踊り出します。このダンス

がお気に入りで、毎日何回もボタンを押していました。

ダンシング くまさん

 クリスマスがおわり、ツリーをしまってくまさんも箱にいれようとしたその時、

彼は「ウエーーーン」(;_;)と泣き出したのでした。私たちの方がびっくり・・・。

彼にとって、くまさんはなくてはならない存在になっていたようです。

毎年そのクマさんを箱から出すと思い出します。

 話は、まったく別の方へ飛びますが・・・。せせらぎぶんこうで羅漢峡の

おみやげ・津和野街道の石畳をモチーフにして作っている「古道ワッフル」は

一枚一枚ワッフルベーカーで手焼きしています。1度に4枚しか焼けません。

手焼きしています!!


丁寧に焼き上げていますが、アツアツは少しぱりっとして、クッキーのような

感じもします。お土産として日持ちしますので、冷めてもそのまま美味しく

召し上がっていただけるように考えています。

只今新発売の「ゆず味」!!ご実家への帰省やお友達へのおみやげにいかがですか?

そんな「羅漢峡 古道ワッフル」を作っている せせらぎぶんこうへのアクセスは

コチラでご確認下さい!!
[ 2012/12/16 17:11 ] 料理・お菓子作りへの思い | TB(-) | CM(0)

東京へGO!!

 昨日から、息子の通う中学校2年生が修学旅行へいっています。一日目は、鎌倉の大仏見学・

鶴岡八幡宮・横浜中華街へ行き、今日は東京スカイツリー・東京ディズニーランドではじけて

いることでしょう。クラブの先輩から情報を仕入れ、こんなことがしたいといろいろ計画して

いるようでした。明日はお土産話が聞けそうです。

 東京と言えば、学生時代にいったきり機会がありませんでしたが、今年2月に四日間程

仕事で行って来ました。店にいることがほとんどで、出張販売といっても広島市内まででしたが

平成22年に佐伯地域に残り、趣のある歴史街道の石畳の道「津和野街道」をPRする目的で

作り始めた「羅漢峡 古道ワッフル」を改良し、東京の展示会でPRする機会をいただきました。

極度の方向音痴で、のんびりした佐伯に住む私にとって、東京での展示会なんて縁がないと

思っていましたが、周りのたくさんの方の支えがあって「東京ビッグサイト」で全国から

地域特産品を集めたイベントに参加してきました。

東京ビッグサイト

 会場は、東京ギフトショーというイベントも同時開催だったので、とても広く食品部門をまわるだけでも

目が回りそうでした。他のブースをまわると勉強になり、質問したりアンケートに答えたりしました。

私たちにとっては、お菓子の製造販売というのは初めての経験で、素材の選び方やパッケージ・ちらしや

POP・セールストークなど他の方の対応がすべていい経験でした。

イベント開会式


 私たちは、同じ廿日市市内で「元祖 もみじまんじゅう」を製造販売している「高津堂」さんと

共同ブースで出展しました。

大野の高津堂さんと合同ブース

 三日間のイベントに前日準備から一緒に過ごす中で、高津堂さんの御主人の商品作りにかける熱い思いに

振れ、商品そのものやパッケージなどの見える部分と作り手の思いという見えない部分を両方知ることが

できました。やっぱり、大切なのは「お客様の笑顔・喜ぶ姿」が原動力であり、目指すところであることを

再確認し私たちにとって、大きな財産になっています。

 初めの一歩を踏み出すのには勇気と思い切りが必要でした。これからもいろいろな機会をいただき、

初めての経験をさせていただくことがあるかと思います。常に何でも勉強の気持ちで、経験値を上げ

それを商品作りに活かしていきたいです。まだまだひよっこですが、楽しく取り組んで「羅漢峡

古道ワッフル」や「生ワッフル」や手作りのお菓子を通して佐伯地域の魅力を伝え、たくさんの方が

佐伯・吉和を訪れ、豊かな自然でゆっくりくつろいでリフレッシュしていただけたら、嬉しいです。

 佐伯・吉和地域の情報満載の佐伯商工会さんのブログは、こちら!!

せせらぎぶんこうの佐伯商工会女性部ページには、こちらからどうぞ!
[ 2012/12/05 08:57 ] 料理・お菓子作りへの思い | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。